藤枝市 シンスプリントの原因

藤枝市 シンスプリントの原因

2018-03-21

成長期のスポーツをしている女性に多くみられるシンスプリント

スネの内側の下3分の1や時には外側に痛みが発生するケガがシンスプリントで、正式な診断名は脛骨過労性骨膜炎と言います。
特に走ることの多いスポーツをしている人がなりやすいですし、スポーツを始めたばかりやランニングを始めたばかりの人になりやすいという特徴もあります。
また、ジャンプを繰り返すスポーツをしている人や、オーバーユースの人にも起こるケガで、15歳前後のスポーツをしている女性に多くみられます。

主な症状としては、初期段階なら運動の後にすねの内側に違和感が出る程度ですが、症状が悪化すると運動時にも痛みが出ます。
また、足のすねの内側の痛みでスポーツが困難になったり、日常生活にも支障がでたりしますし、脛骨の内側を押すと圧痛があります。
そして、さらに症状が悪化してしまうと疲労骨折になります。
ただ初期段階では運動に支障がないために、発症していることを見逃してしまうことが多いですし、そのまま放置して運動を続けてしまうことも少なくありません。
それにより症状が悪化すると、先に触れたような症状が発生して、スポーツ復帰まで長い時間がかかるので注意が必要です。

シンスプリントの原因としてはいくつか考えられますが、そのひとつが扁平足などで足のアーチが機能していないことです。
足のアーチは衝撃を吸収したり、バランスをとって安定させたりする重要な存在で、そのひとつが土踏まずの部分で内側縦アーチと呼びます。
この内側縦アーチが機能していないと、運動時の衝撃を吸収することができなくて、脛骨にストレスがかかって発症しやすくなります。
また唯一地面と接している部分が足なので、そのアーチの機能不全があると全身に影響を与えやすくなって、膝・腰・肩などのケガを引き起こす原因を作ることもあります。

2つ目の原因は踵の骨が内側や外側に傾いていることで、それにより回内足や回外足になって、その結果発症しやすくなるのです。
3つ目はシューズで、クッション性が乏しい靴では、より足への衝撃が強まるので起こる可能性が高まります。
4つ目はアスファルトの地面ばかりを走ることで、硬い路面を走ることでスネに衝撃が起こって発生するので注意が必要です。
5つ目はスパイクで走ることで、長時間グランドをスパイクを履いたままでランニングすることも望ましくないのです。

シンスプリントの治療としては、走りすぎなどによるオーバーユースが主な原因なので、基本的に痛みが生じているときは安静にすることです。
特に運動時でも痛みが生じている場合は、さらに症状が悪化してしまう可能性があるので、痛みを我慢して無理することがないように注意する必要があります。
また、筋肉や骨膜に炎症が起こっている状態になるので、運動後にアイシングをしてケアすることが重要となります。
それから病院や整骨院などの治療院では、患部を温めるホットパックや超音波などの温熱療法が行われることが多いです。
ただ最も大事なことは、根本原因となっている筋肉の硬さや働きを改善することです。

 

藤枝市 シンスプリントの原因なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME