藤枝市 ジャンパー膝への適切なケア

藤枝市 ジャンパー膝への適切なケア

スポーツを長く楽しむためにもジャンパー膝への適切なケアを

ジャンパー膝とは、名称にジャンパーとなっていることからも分かりますが、バレーボールやバスケットボールなどジャンプや着地の動作を頻繁に行うスポーツ選手に多く見られる症状です。
また、単にジャンプ動作を繰り返すスポーツだけではなくて、サッカーのようにキックやダッシュなど走る動作を頻繁に繰り返すようなスポーツ選手にも発生することがあります。
発生する主な原因として考えられることは、膝蓋腱や膝の筋肉が硬くなっていることや、繰り返し動作で負荷がかかることにより膝蓋腱に小さな傷ができてしまっていることなどがあります。
それから、体がそれを治そうと過剰に反応してしまうことも、原因のひとつとして考えられます。
つまりジャンパー膝とは、膝のお皿を膝にくっつけている靭帯や筋肉に、そうした動作を繰り返すことで負荷がかかり膝に起こる障害の総称です。
そして、この障害は膝のお皿の下の部分の膝蓋腱に起こりやすいことから、膝蓋腱炎や膝蓋靭帯炎としても知られています。
ただし、膝蓋腱以外の膝周辺の脂肪組織や筋肉、関節を包む柔らかい組織などにも、不可によって炎症が起こることもあるのです。

発症すると膝のお皿の周囲が少しずつ痛くなってきますが、最初のうちはスポーツをすることはできます。
しかし、悪化していくと徐々にそれも難しくなって、スポーツだけでなく日常生活においても歩行や階段の昇り降りが困難になるといった支障が起こってきます。
このように症状は段階を経るように悪化していって、それが4段階に分けられています。
各段階の症状と治療方法について知っておくと参考として役立ちます。

1期は発症し始めで、運動の後に膝が痛む程度で、運動するには支障がありません。
この時期はまだ症状が軽いので、運動後に痛むような場合にサポーターやテーピングを用いたり、太もも前面の大腿四頭筋のストレッチやアイシングを治療として行ったりします。
2期は運動開始直後に膝が痛むけど、徐々に痛みが和らいでいく症状で、痛みはあるけどまた運動は可能な状態です。
この時期は1期の治療にプラスしてジャンプ動作を制限したり、場合によっては運動の休止をしたりといった処置が実施されます。
3期は運動中と運動後にも強い痛みがあって、支障が生じることから運動はできない状態になります。
この時期になると1期・2期の対処では不十分になるので、治療として月単位での運動休止と安静が必要になります。
また、そのように痛みが治まるまでは休養して、ストレッチやマッサージを実施することになります。
4期は膝蓋靭帯が断裂している状態で、通常の歩行でも膝が痛むといった症状が起こります。
このような状態になってしまった場合には、手術による治療が必要になります。

ジャンパー膝を予防するには、膝蓋靭帯に負荷を与えている大腿四頭筋をはじめとし、太もも回りの筋肉を柔軟にさせることです。
また膝周りの筋肉の柔軟だけではなくて、姿勢や運動フォームの見直しや股関節・足関節の柔軟も大切です。
少しの痛みだからと無理をすると運動ができなくなってしまう可能性もあるので、スポーツを長く楽しむためにも適切なケアを受けることです。

 

藤枝市 ジャンパー膝への適切なケアなら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME