藤枝市 膝蓋腱炎

藤枝市 膝蓋腱炎

膝の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「膝蓋腱炎」というものがあります。
ここでは「膝蓋腱炎」の症状や原因などをまとめてみましたので参考にしてください。

【膝蓋腱炎について】

次のような症状がある場合、膝蓋腱炎の可能性が疑われます。

・膝の皿の下側に痛みや腫れが生じる
・ジョギングやジャンプで痛みが現れる

膝蓋腱炎になると、多くの場合、膝の裏、膝蓋腱のある箇所が痛んだり、腫れを生じるのが特徴。
初期では、膝蓋骨の下の違和感程度で、運動をすることもできます。

しかし、徐々に運動後に痛みを感じる程度が強くなり、次第にちょっと歩いただけでもズキズキとした痛みが強くなり、安静時でも痛みを伴うことがあります。
さらに進行すると膝蓋腱は、膝蓋骨の下側に付着しているため、膝蓋骨の下側がはがれる「剥離骨折」が生じる事もあります。

■膝蓋腱とは

太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」の末端部分にある腱で、膝下の骨(脛骨)の上まで伸びています。
膝の筋肉、靭帯とともに、膝の動きをスムーズにしたり、関節を固定安定するなど重要な働きを持ちます。

ただし、膝に大きな負担をかけると膝蓋腱が損傷し、炎症を起こすなどすると膝蓋腱炎になります。
靭帯炎やジャンパー膝などと呼ぶ事もあります。

一般的に損傷は軽度で、小さな断裂が見られる程度で治まります。
しかし重症化すると腱が完全に断裂する「膝蓋腱断裂」となる事もあるので、安易に判断してはいけません。

【膝蓋腱炎の原因は?】

膝に繰り返し負担をかけるのが大きな要因です。
例えば、ジャンプをする場合、膝を曲げて動作の準備をします。

その時、太ももの表面の筋肉がギュッと収縮し、膝蓋腱が引っ張られます。
ジャンプ時は、膝関節が一気に伸び、膝蓋腱が元の長さに戻ります。

さらに着地時は、膝を再び曲げて衝撃を吸収するため、膝蓋腱が引っ張られます。
この事からも分かるとおり、ジャンプをする、という動作だけでも、膝蓋腱は、収縮、伸縮を何度も繰り返します。

この状況を繰り返し、毎日何度も行なうことで、膝蓋腱には負担がかかり、小さな断裂が生じ、炎症を起こします。
体重が大きいほど、膝蓋腱にかかる負担も大きく、回数を重ねるほど負担が大きくなります。

その他、身体の重心が歪んでいたりすることで、さらに負担が大きくなります。
運動以外で考えられる原因は、糖尿病や関節リウマチ、その他交通事故等の強い衝撃による損傷などがあります。

【予防法は?】

膝蓋腱炎は、膝にかかる繰り返しの負担です。
そのため、運動等で日々膝に負荷をかけるという場合は、運動前後のメンテナンスは不可欠。

丁寧にマッサージやストレッチ、などを取り入れることが予防の第一歩です。
さらに、運動量を見直しオーバーユースを避ける、フォームを見直し、膝にかかる負担を軽減する、接骨院等で定期的にメンテナンスを受けるなどの対策も不可欠です。

発症しやすいスポーツとしては、サッカーやバレー、バスケットなどジャンプと着地を繰り返し行なう運動で頻繁に発生します。

藤枝市 膝蓋腱炎なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。054-625-8637


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME