藤枝市  逆流性食道炎の予防

藤枝市  逆流性食道炎の予防

2018-04-01

逆流性食道炎の予防は日常生活を改善していく気持ちを持つこと

飲み過ぎた翌日や食べ過ぎた時に、何となく胸焼けがする、喉の奥に酸っぱいものがこみ上げてくるなどといった気持ち悪い症状が起こることがあります。
一時的なら大きな問題はありませんが、そうした症状が慢性的に継続する場合は、逆流性食道炎の可能性が考えられます。
この疾患は、胃の中のものや酸性度の高い胃酸が、胃から食道に逆戻りするもので、高齢者に多い病気と言われていましたが近年では年齢に関係なく増えています。
無防備な食道に胃酸が逆流して胃酸にさらされ続けると、粘膜に炎症が起きたりただれや潰瘍ができたりすることもあります。
他の病気でも現れる症状ですが、安易に自己判断しないで医師に相談してきちんと検査することが大切です。

逆流性食道炎を引き起こす原因としては、加齢で下部食道括約筋の働きが弱くなると共に、食道自体の蠕動運動も減って唾液の分泌量も減少して逆流した胃液を胃に戻せなくなるからです。
また、脂肪分の多い食べ物は消化に負担がかかって、脂肪の消化に関係するホルモン物質が大量に分泌され下部食道括約筋が弛んで逆流しやすくなることも原因になります。
それからたんぱく質の多い食事も消化に時間が必要で胃に長く滞留するため、胃酸分泌が続き結果として逆流する可能性が高まるのです。
関係性がないように感じられますが、姿勢の悪さも原因になるもので、背中が曲がっているとお腹が圧迫されて、胃にかかる力が強くなって逆流を起こしやすくなります。

逆流性食道炎は、生活習慣の見直しと薬物療法で改善することができます。
では、どのような生活習慣を心がけると良いのかというと、胃に優しい食事や姿勢にすることで、日常生活で気をつけたいことは様々あります。
具体的には、脂肪分やタンパク質の多い食材・カフェインを含むコーヒーや緑茶・アルコールなど、下部食道括約筋や胃酸に影響する食事を控えることです。
また酸味の強い食品・唐辛子や胡椒などの香辛料・チョコレートケーキなどの甘いもの・酸味の強い柑橘類など、胃に負担がかかりやすい食事を摂りすぎないことも大切です。
このように日常の食生活において、消化の悪い食べ物をできる限り減らして、胃への刺激が少ないものを腹八分目に摂取ことが予防策になります。

それから食用油をオリーブオイルに変えることも有効で、消化に負担がかからないので下部食道括約筋への影響が少ないです。
胃に圧力がかかる生活習慣を改善していくことも予防・改善のポイントです。
具体的には、前屈みの姿勢を避ける・お腹をベルトやコルセットなどで締めすぎない・重いものを無理して持たない・肥満に注意するといったことがあります。
また、就寝時に逆流を避けるスタイルを心がけることや、食後すぐに横にならないことも予防のポイントになります。
このように日常生活を改善していく気持ちを持つことで、不快な症状を避けられることにつながるので、自分自身のウィークポイントと感じられる点をチェックして改善することです。

 

藤枝市  逆流性食道炎の予防なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME