藤枝市 バリア機能異常と免疫の過剰反応

藤枝市 バリア機能異常と免疫の過剰反応

2017-11-11

バリア機能異常と免疫の過剰反応がアトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、元々アレルギー症状を発生しやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。
主な症状は湿疹とかゆみで、先に触れたように再発するため、なかなか治らないことが特徴で、通常6ヶ月以上継続すると慢性と判断されます。
発生する湿疹の特徴としては、赤みがある、ジュクジュクして掻くと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、ごわごわ硬くなって盛り上がるなどがあります。
また左右対称に発生することが多くて、おでこ・目の周り・口の周り・耳の周り・首・わき・手足の関節の内側などに発生しやすいです。
ちなみに、アレルギー症状を発生しやすい体質の人というのは、家族に喘息・花粉症・アレルギー性鼻炎・食物アレルギーなどの人がいる方で、その体質を受け継いでいるとアレルギーを起こしやすい体質と考えられます。
このような体質のことをアトピー素因と呼びます。

それから皮膚は、皮脂膜・角質細胞・角質細胞間脂質などがバリアの働きをして、外からの物質の侵入や水分の蒸発などによる皮膚の乾燥を防いでいます。
この皮膚バリア機能が低下すると外からの異物が皮膚の中まで容易に入りこみやすい状態になって、それによりアトピー性皮膚炎を発生させる原因になります。
皮膚バリア機能は元々の体質も影響しますが、様々な物理的な刺激や汗・石鹸・化粧品・紫外線などでも低下するものです。
特に、角質細胞間脂質が減少してしまうと皮膚が乾燥して、その乾燥肌を放置していると湿疹やかゆみがますます悪化してしまうのです。
このようにならないためにも、天然保湿因子・皮脂と皮脂膜・角質細胞間脂質などが正常な状態になるよう心かけることが大切になります。

本来炎症は体の外から侵入してきた敵を退治する免疫反応により起こるもので、細菌やウイルスなどから体を守るためには必須のものなのです。
しかしこの免疫反応が過剰になってしまうと、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことがあって、これにより長期にわたる皮膚の炎症が続くのです。
ちなみに免疫が過剰に反応する理由として考えられることは、先に触れた元々アレルギーを引き起こしやすい体質や皮膚のバリア機能低下が最も大きく関係します。
その他には、長期間にわたる皮膚への強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にして炎症を悪化させてしまう要因になることがあります。
また、ダニ・カビ・ほこりなどのハウスダストが皮膚への物理的な刺激になったり、石鹸・化粧品・金属・消毒薬などの化学物質が刺激になったりします。
それから、汗・皮膚の汚れ・紫外線なども影響するもので、このようにバリア機能異常と免疫の過剰反応がアトピー性皮膚炎の最大の原因として考えられるのです。

この悪循環を食い止めるには、できるだけ早い段階でしっかりと炎症を抑えること、そして肌の潤いを保つスキンケアをすることです。
また、治療薬といえばステロイド外用薬と考える方も少なくないですが、それ以外にも免疫抑制薬の外用薬もあって治療薬の選択肢は広がっています。

藤枝市 バリア機能異常と免疫の過剰反応なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME