藤枝市 脊柱管狭窄症の治療

藤枝市 脊柱管狭窄症の治療

2017-11-01

脊柱管狭窄症の治療はしっかりと検討することが大事

背骨には脳から続く神経である脊髄が通る脊柱管と呼ばれるトンネルが存在しています。
この脊柱管が骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などによって狭くなり、脊髄が圧迫されて腰の痛みや脚のしびれなど様々な症状を引き起こすのが脊柱管狭窄症です。
脊柱管が狭くなる原因としては、加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多くて、50代以降の高齢者に多くみられる傾向にあります。
こうした加齢による変化に対応することは難しいのですが、日常的に運動を心がけ筋力をつけておくことや、労働・姿勢の悪さなどによる背骨の負担を軽減するように心かけておくことが大切です。

脊柱管狭窄症は、馬尾神経が障害される場合と神経根が障害される場合、または両方が混合している場合などいくつかのタイプに分けられます。
ただ、いずれの場合にも共通する代表的な症状としては、立っている時や歩行時の臀部痛や下肢痛です。
その多くは長時間歩くことで疼痛が酷くなって、一定時間の休息すると再び歩くことができるようになる間欠跛を呈します。
それから、類似した症状が発生する疾患としては末梢動脈疾患というのがあって、この疾患は立ち止まるだけで症状が改善します。
前かがみになるなど姿勢を変える必要になる狭窄症とは、この点で違いがあるといえます。

脊柱管狭窄症の治療としては、動的因子軽減を目的とする安静、消炎鎮痛剤や血流の改善薬を用いる薬物療法、腰部固定帯やフレクションブレースを使用する物理療法などがあります。
また、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法、ストレッチや腹筋・背筋の強化などの運動療法なども挙げられます。
それから自転車やシルバーカーなどを利用して前かがみになるなど、日常生活の見直しも治療として有効になります。
狭窄の程度と痛みの程度は必ずしも一致するわけではないので、症状についてはこうした投薬などの保存治療を受け続けることで、約20~30%のケースで改善することもあります。

しかし、尿漏れ・尿の排出困難といった排尿障害や排便障害を起こした時、進行する筋力低下が生じた時は、早急に手術を受ける必要があると考えられます。
早急に手術をしないと神経がダメージを受けて、仮に手術を受けたとしても元に戻らなくなる可能性も考えられるのです。
ただ、そのような状態になるまで我慢する人は少なくて、一般的に疼痛で長く歩けないとか、ほとんど歩けないなどといった日常生活に支障をきたす症状が継続したら手術を考えます。
保存的治療で改善しない場合には、狭窄した脊柱管を広げて根治を目指すために手術を受けたほうが良いと判断する方が多いです。
ちなみに手術を受けたくないということで放置していても、骨や靭帯の肥厚が原因なので状況は変わりませんし、逆に長い時間経過すると狭窄が強くなる可能性が高いです。
いずれにしても上場をしっかりと見極めて適切な治療を考えることが重要で、特に手術を受ける判断は慎重に検討する必要があります。

藤枝市 脊柱管狭窄症の治療なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME