お客様の声

藤接骨院 女性に多い手のこわばり

 [記事URL]

40~60代の女性に多い「手のこわばり」についてお話させていただきます。
「手のこわばり」は病院の検査で原因がわかる場合と、原因がよくわからない場合があります。

(原因がわからない場合)
原因となる病気が見つからないのに手がこわばることがあります。
朝だけこわばる場合と、 常に手を動かしていないと手がこわばる場合があります。
この場合は朝に限らず、昼間でも手を動かさないでいると、動かそうとしてもこわばっていて、手が動きません。しばらく動かしていると、だんだん動いてきます。

病院の検査などで原因がわからない場合は、「次のような事」が考えられます。

①首のゆがみ
首では上部頚椎(頸椎の1番・2番)が関係していることが多いです。神経の働きがわるくなり筋肉の緊張・弛緩がうまくいかないために起こります。手に行く神経と血管が頸からでていますので、頸が悪いと手のこわばりがでやすくなります。

②手の関節、筋・腱の問題
女性ホルモンの乱れにより、コラーゲンに影響を与え、コラーゲンの弾性、柔軟性などの機能低下、腱の肥大化や腱鞘が厚くなることがあります。また滑液の減少もあります。
そうすると筋肉が硬くこわばり、動きにくくなります。
特に出産前後のように女性ホルモンの変化が大きいときや更年期に精神的なストレスを受けたときは注意が必要です。 手以外でも肘、膝や足などの関節が痛い場合もあります。
また、右半身、左半身など片側だけ痛みが出る場合もあります。

③ストレス
ストレスがきっかけで手がこわばってくることがあります。 これも、女性ホルモンが関係してきますので、妊娠出産や更年期にストレスがありますと、手のこわばりがでやすくなります。 ストレスを解消することが大切です。
ストレスのため不眠症・胃腸の障害などを同時にいくつかの問題を抱えている場合もあります。 女性であれば冷え症・肩こりなど。 またストレスのため姿勢が悪く猫背になっています。

④その他
夜寝ている間に手や腕が体の下になり圧迫され、手の血流が悪くなり、手の神経へ行く血流も滞り、手の伸筋が一時的に麻痺したため、手を広げることが不能になることがあります。
これは一時的なものなので30秒~数分で回復します。(正座の後に足に力が入らないのと同じメカニズムです。 ただこれが毎日続くと次第に、こわばる時間が長くなってしまいます。

上記の症状に思い当たる方、お身体にお困りの方は藤接骨院にお任せください!! 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 ストレッチ

 [記事URL]

7月も残りわずか・・・季節の変化により知らず知らずのうちに疲労がたまり、体調を崩しやすくなっています。
夏本番に向けて体調を整える、夏を思いっきり楽しむためにも日々の疲れを取り除くケアが大切です。
その日の疲れはその日のうちに・・・どこかで聞いたことのあるワードですよね(笑)

ケアといっても食事で栄養を摂取する、睡眠時間をたっぷりとる、湯船に浸かって体を温める・・・などなどありますがその中でも今回は、ストレッチの重要性を紹介します。
最近ではテレビや雑誌など誰もがストレッチは体に良いと聞いたことはあると思いますが、実際なんでストレッチが体に良いのかを探っていきましょう!
これを見ればあなたも今日からストレッチをしたくなるかも・・・

ではまずストレッチとは何なのか?

ストレッチとは骨と骨についている筋肉を伸ばすことです。
筋肉は筋繊維と言う細い繊維の束でできており、その繊維はコラーゲン成分を含んでおり、ゴムのように伸縮します。
だから自分で体の関節を動かして骨と骨にくっついている固い筋肉を伸ばして柔らかくすることが目的です。

じゃあなんで筋肉は固まるのか??

筋肉が固くなる=疲労のサイン です。
日常の生活の中で歩いたり、物を持ち上げたり・・・誰しもが体を動かします。その体を動かすために使われているのが筋肉です。
この筋肉とはエネルギーを使って動くことができます。車で例えると、エンジンが動くためにはガソリンが必要ですよね??筋肉を体を動かすためのエンジンと考えるとエネルギーはガソリンです。ガス欠になれば当然エンジンが動かなくなるように筋肉もエネルギーが無いと動かなくなります。これが筋肉が固くなり、さらにガソリンの燃えカス→疲労物質が筋肉内にたまります。これによって体に疲労が現れてくるのです。

どうやって筋肉を柔らかくするの??

先ほど 筋肉が固くなる=疲労のサイン と言いました。体が動かなくなる、疲労がたまっていってしまうのはイヤですよね?僕もイヤです(笑)
では筋肉を柔らかくして疲労を取るにはどうしたらよいのか?
ここで登場するのがストレッチです!
さ!ら!に! 人間の身体はすごいことに筋肉に溜まった疲労物質をエネルギーに変換することができます!!
しかもこの疲労物質をエネルギーに変換することのカギを握るのがストレッチなのです。

ストレッチが疲労物質からエネルギーに変える仕組み

ストレッチが疲労を取り除き、エネルギーに変換してくれるなら、これはやらなきゃ損!ですよね?
では、なんでこのような仕組みになるか説明します。
先ほどストレッチは自分で体の関節を動かして骨と骨にくっついている固い筋肉を伸ばして柔らかくすることといいました。
これをする事により筋肉が動き、筋肉内の血管が刺激され、血流が良くなります。
そうすると血液内の酸素と筋肉内の疲労物質が交換され、さらに血管内、筋肉内で酸素と疲労物質が反応を起こしてエネルギーを生み出します。
この反応によって変換されたエネルギーは血液により運ばれて全身をめぐり、また筋肉を動かせるようになります。
このようにストレッチは疲労物質をエネルギーに変換し、体に良い影響を与えます。

だからストレッチは体に良いって言われるのです。
皆さんもストレッチをしてスッキリとした毎日を送っていきましょう!!

いつもご覧いただきありがとうございます。ご意見、ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 こむら返り

 [記事URL]

ジメジメとした梅雨も終盤にさしかかり、いよいよ夏本番という空気になってきましたね。
昼間の暑さもさながら、夜の気温もグッと上がってきました。

そこで起こりやすいのがこむら返り。

こむら返り=足がつることによって皆さんも一度はふくらはぎがイタタ・・・となった経験があると思います。

今回はこむら返りが起こる原因、治し方、予防の3つについてです。

まずなぜこむら返りが起こるのでしょうか?
原因として考えられるのが・・・
1、筋肉の疲労
2、水分、電解質の不足
3、寝ている姿勢
4、寝返りによる影響
5、妊娠
6、冷え

一概にこむら返りの原因はこれ!とは言い切れませんが上記のどれかが当てはまればこむら返りは起こります。

筋肉の疲労はストレッチやぬるめのお湯にゆっくりつかる。
水分、電解質の不足に関してはこまめに摂取すること、特に電解質とはナトリウム、カリウム、マグネシウムのことです。
ナトリウム➡食塩、味噌、醤油など
カリウム➡バナナ、リンゴ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜
マグネシウム➡海藻類、貝類、アーモンド、大豆、大豆製品

これらは普段の食事の中で取り入れる事が可能なので、不足することはまれです。しかし、この時期になると夏バテに陥り、食が細くなり十分な栄養が摂取できず不足する場合があります。ですからこの時期はこれらの栄養素を積極的に取り入れる必要があります。
ですが、ナトリウムのとりすぎは塩分過多になりますので注意!!!

夏の暑さで食欲がなくなりがちですが料理を工夫してしっかりと栄養を取りましょう!!!

こむら返りPart2では3番以降について詳しく書いていきます。
寝ている姿勢、寝返りには意外な関係が・・・!?
こうご期待!!!

いつもご覧いただきありがとうございます。ご意見、ご感想等コメントにてお待ちしております。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 夏の不調

2017-07-04 [記事URL]

季節の変わり目は、体調の変化気になりますね。
例年に比べて、今年は気温の差が激しいです。

本格的な夏場を迎える前に、
体調を崩している人が増えているようです。

暑いからといって、クーラーなどで室内を冷やし過ぎたり
冷たい飲み物や食べ物を、ついつい多く口に入れてしまうことで
体調不良を助長してしまうこともあります。

夏の不調の代表的なものと言えば?

夏バテに代表されるような、
意欲低下・だるさ・やる気がでないとか、

食欲不振・便秘・下痢・立ちくらみ等、
熱中症までいかなくてもこうした不調は結構あります。

その原因とは?

昔は、いわゆる夏バテというのは、
外が暑いことから、体温が上がってしまうので、
その体温を下げる為にエネルギーが使われていました。

最近は、空調が激しくなっていることもあって
内外の温度差というのがかなりあります。

その為、外に出ていると自分の体温を下げなくてはいけません。

反対に、冷房の効いた部屋では、自分の体温を
上げなくてはいけないという状況にあります。

つまり、温かいところと涼しいところを往復するんですね。

しかも、最近は極端になっているんです。
それをやっていると、暑いところにいても汗を
かかなくなってしまうんです。

完全に自律神経が狂いはじめています。
体温調整ができなくなってしまうんですよ。

今の夏は、冷やされた部屋と外の猛烈な暑さなどで
自律神経が狂ってしまうと血流が悪くなってしまって、
最終的には、だるさ、疲れなどの様々な症状がでてきてしまいます。

なので、
冷房などの温度は
28度位の設定にしていただいて、

暑い夏は、自分で熱を逃がすようにすることが大切です。
自律神経が疲弊してしまうことを如何に防ぐかということです。

昼間は緊張が続く交感神経の世界ですから、
夜になったら、副交感神経優位のおやすみモードにして
身体を冷やさない生活を心がけた方がいいです。

あとは、できるだけ、常温のものを口にして、
冷たいものを摂ったら、その分体温を上げないといけません。

食事は、よく噛むことですね。
噛む回数が増えるとヒスタミンというのが出てきて、

内臓脂肪を燃やして体温を上げますし、
満腹中枢を満足させますし、リラックスもさせてくれます。

お風呂を上手に利用することです!

常々言っているのが、日本人は少し高めのお風呂に入りますが、
夜、副交感神経優位の状態にしようと思ったら

40度を下回るお風呂で、ゆっくり浸かっていただいて、
10分~30分ほど入浴していただく方がいいですね。

オススメは、全身浴でぬるいお風呂にゆっくり浸かって、
そのまま寝てしまうというのがいいです。

また、炭酸泉などを入れると皮膚に泡が付着します
そうすると体は酸欠と間違えて、血管を広げてくれるので、
より温まりますし、血流もよくなります。

当然ですが、規則正しい生活が大切で、
特に夜は寝たほうがいいので、早寝早起きですね。

夏は特に太陽が昇ってくるのが、早いですからね。
早寝早起きを心がけていただくことです。

そうすると眠っている間に出てくるホルモン
そのあとにあがってくるメラトニンも、
抗酸化作用で、アンチエイジング効果を発揮してくれます。

免疫も一番上がってくるのは寝てからなので、
やはり、メリハリの効いたリズムのある生活が大事だと

お身体にお困りの方は藤接骨院にお任せください!!  054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 鵞足炎

 [記事URL]

鵞足炎(がそくえん)とは、膝の痛みを伴う症状を言います。

【鵞足(がそく)ってどこ?】

鵞足とは、太ももの内側の筋肉が脛骨に付着する部分をいいます。
そして、鵞足炎とは、膝を曲げ伸ばしする時、脛骨がすれたり、引き伸ばされ、骨からはがれそうになる時に炎症を起こす状態です。

鵞足炎になると、次のような症状が進行します。
例えば、ランナーに多く見られる鵞足炎は、

・走った後、膝の下の内側部分に痛みが現れる
・歩行時や階段の上り下りにも痛みを感じるようになる
・膝の下の内側を押すと圧痛がある
・安静時でも痛みが伴うようになった

という場合は、鵞足炎を疑いましょう。

【鵞足炎の原因って?】

原因は、色々とあります。

・原因1「骨の位置の異常」

オーバープロネーションといって、かかとの骨が内側に異常に倒れこむなど骨の配列に異常がある場合に、鵞足炎になりやすい傾向にあります。
特にランニングの際、着時事に足のアーチがつぶれるような状態で、土踏まずの部分がなくなることで、足全体への衝撃を和らげる事ができないのが原因です。

現在、使用中のシューズ底を確認してみると分かりやすいと思います。
靴の内側が強くすり減っている場合、オーバープロネーション気味に走っている可能性があります。

ただし、ランニング中にかかとの位置を意識しながら走るのは簡単ではありません。
対策としては、靴そのものがオーバープロネーション対策が施されているものを選ぶ。

また、靴をオーダーメイドで作る、最後は、トレーニングで改善する方法があります。
トレーニングの場合も、それぞれの状態に合わせた対策が不可欠なので、スポーツ障害を専門とする接骨院等で相談する事をおススメします。

・原因2「X脚、身体の歪み」

体全体が歪んでいる、X脚という場合は、重心線がやはりずれてしまい、着地時のアーチがくずれる傾向にあります。
その結果、鵞足炎(がそくえん)のリスクが高くなります。

身体の歪みやX脚については、セルフケアでこれ以上の悪化を防ぐ事はできますが、すでに歪みが生じている場合、自力で改善するのは、簡単ではないので、接骨院等で矯正施術を受けるようにしましょう。

・原因3「過度のトレーニング」

トレーニングのしすぎ、つまりオーバーワークにより鵞足炎(がそくえん)になる事もあります。
また運動前後のストレッチやウォーミングアップ不足、疲労が蓄積している、などの状態でも鵞足炎(がそくえん)になるリスクを高めるので、メンテナンスをしっかりと行なうようにしましょう。

【鵞足炎(がそくえん)の対処法】

万が一、鵞足炎(がそくえん)で痛みを生じた場合には、マッサージや温める事が必要です。
通常、運動時の炎症や怪我は、アイシングが基本ですが、鵞足炎(がそくえん)の場合は違います。

鵞足炎(がそくえん)は、筋肉の硬さが根本にありますので、まずは、筋肉を柔らかくほぐすことが重要です。
アイシングで筋肉を硬くしては、逆効果。

丁寧なマッサージで、筋肉をほぐしたり、お風呂で患部を温め血行を促進するなどで対処しましょう。
その他、自分に一番適している治療院を見つけておく事が最適。

やはりプロに定期的に見てもらうことで万が一の場合でも安心です。

藤枝市 鵞足炎なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 変形性ひざ関節症について

 [記事URL]

変形性ひざ関節症とは、膝関節を覆う軟骨がすり減ることで生じる病気です。

【変形性ひざ関節症について】

■軟骨って?

関節がある骨の先端は、軟骨で覆われています。
軟骨は、すべりがよく、関節の動きをスムーズにする働きがあります。

また、軟骨によって、関節にかかる衝撃を和らげるなどクッション性の役割りも果たすとても大事な組織です。
軟骨は、結合組織の一つで、身体の各種器官の隙間をうめて、体を支えたり、形を安定するなどの役割りも担います。

ちなみに結合組織とは、腱や靭帯、真皮や皮下組織を言います。
変形性ひざ関節症では、この軟骨が磨り減ってしまい、本来の関節の動きが悪くなってしまう状態。

軟骨と軟骨の間には、弾力性のある半月板があり、その二つが正常に機能することで、スムーズな歩行を可能にします。
しかし、何かしらの原因で、軟骨がすり減り、半月板がなくなると、関節に炎症が起こります。

その他、骨と骨が直接ぶつかり、棘のような形(骨棘)となり、それが神経を刺激して痛みを感じるようになります。

【変形性ひざ関節症の症状は?】

主な症状は、膝の痛み、そして膝が動かしにくいという状態です。
また関節を包む関節包には、関節腋という少量の液体が存在し、それが炎症によって膝内部に溜まると、ひざ全体が腫れ、見た目にも分かるようになります。

膝の痛みが出やすいのは、座った状態から立ったとき、坂道などを上る際に膝に負担をかけた時、階段の上り下りなどとなります。
初期の場合、痛みがあってもしばらく安静にすることで症状は次第に治まります。

しかし、進行すると、長く安静にしても治りが遅くなる可能性もあります。

【どんな状況で変形性ひざ関節症のリスクが高まる?】

軟骨や半月板は、加齢や重労働等で劣化し、次第に本来の機能を果たせず、変形性ひざ関節症となる事もあります。
しかし、原因はそれだけではありません。

体重が増えるとその分、膝にかかる負担も大きくなることも十分考えられます。
例えば、座っているときに比べ、歩いている時の膝への負担は、体重の2,5倍ほどと言われています。

また、階段の上り下りでは、さらにその負担は、大きく、3倍、3,5倍となります。
つまり、体重の分だけ膝にかかる負担はさらに高まり、その分変形性ひざ関節へのリスクも高まるわけです。

肥満が与える膝へのリスクは、それだけではありません。
脂肪細胞からは、アディポカインという物質が分泌され、それが軟骨組織を変化させ、炎症を起こしやすい事も分かっています。

その他にも、不良姿勢やO脚、猫背なども膝への負担が大きいため、早めに改善しなければなりません。
また、女性の場合、女性ホルモンの低下による影響が大きいことから妊娠、産後、閉経前後の時期は十分な中位ガ必要です。

不良姿勢等は、接骨院等で矯正を受けることで早期改善が期待できます。
肥満や筋力の低下等は、日々の努力、運動や食生活の見直しでも改善できますので、諦めずに、できる事から始めましょう。

藤枝市 変形性ひざ関節症についてなら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 膝伸展制限

 [記事URL]

膝伸展制限の原因は、加齢による軟骨の損傷や滑走性の低下です。

【膝伸展制限について】

膝の動きをスムーズにしているのは、大腿四頭筋と呼ばれる筋肉やその周辺の骨、靭帯や腱などです。
特に、膝の軟骨は、衝撃を吸収したり、動きをスムーズにするなどのクッション性の役割りを担っており、とても重要な組織の一つです。

しかし、加齢や膝の酷使等により、次第にこれらの組織が損傷したり、劣化することで、正常な動きができず、伸展に制限がかかります。
膝の曲げ伸ばしの際に、引っ掛かりを感じたり、痛みや鈍い痛みなどで歩行や階段の上り下りが難しくなります。

加齢による場合がほとんどですが、だからといって、安静にしてばかりではいけません。
適度に動かすことも重要です。

【膝伸展制限における痛みの緩和、予防について】

症状が軽度の場合は、緩和や予防ストレッチで対応できます。
しかし、別の原因が背景にある可能性も高いため、一度は、病院で詳しい検査を受けるようにしましょう。

病院に限らず、接骨院等でも膝伸展制限に対する施術などを実施していますので、お近くの接骨院で相談するようにしてください。
その上で、膝の痛みを緩和、予防するストレッチを上手に取り入れるといいでしょう。

■膝の筋肉を和らげる運動

・ストレッチその1

床に座り、膝を伸ばします。
伸ばすと膝に痛みがある場合は、決して無理は禁物です。

痛みがない範囲で軽く伸ばしてください。
次につま先を前に伸ばします。

伸ばしたまま10秒キープします。
今度は、逆に、自分につま先を向けてそらし10秒キープします。

この動きを繰り返し10回行ないます。

・ストレッチその2

椅子を準備します。
椅子に浅く座り、片足を前に伸ばします。

伸ばした膝の皿を両手で軽く押します。
そのままゆっくりと膝を伸ばしたまま30秒キープしましょう。

反対も同じように行い、交互に繰り返し10回行ないます。

・ストレッチその3

テーブルなどの台に両手をついて立ちます。
膝を曲げながら、ゆっくりと正座をするように体を落とします。

太もも前面の筋肉がしっかりと伸びるのをイメージしながら、伸ばしきったら30秒キープします。

■大腿四頭筋を和らげる運動

。ストレッチその1

椅子の背もたれを使います。
背もたれを片手でしっかりとつかんで立ちます。

反対側の手と同じ側の膝を曲げて、足の甲を持ち上げます。
足裏をお尻に引き寄せて、そのまま30秒キープします。

このとき、背筋をまっすぐに伸ばし、正しい姿勢で行なうようにしましょう。
反対も同じように繰り返し5回ずつ行ないます。

・ストレッチその2

仰向けになります。
右ひざを胸に引き寄せ、太ももの裏を両手で抱えます。

このままさらにグーッと引き寄せ、30秒キープします。
反対も同じように繰り返し10回行ないます。

上記運動によって、膝周辺の筋力の柔軟性を高め、動きがスムーズになります。
その結果、加齢等で骨や軟骨が劣化しても、筋肉でしっかりと支える事ができるため膝伸展制限へのリスクが低減できます。

無理をせず、毎日少しずつでも長く続けられるようにしてください。

藤枝市 膝伸展制限なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 膝蓋腱炎

 [記事URL]

膝の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「膝蓋腱炎」というものがあります。
ここでは「膝蓋腱炎」の症状や原因などをまとめてみましたので参考にしてください。

【膝蓋腱炎について】

次のような症状がある場合、膝蓋腱炎の可能性が疑われます。

・膝の皿の下側に痛みや腫れが生じる
・ジョギングやジャンプで痛みが現れる

膝蓋腱炎になると、多くの場合、膝の裏、膝蓋腱のある箇所が痛んだり、腫れを生じるのが特徴。
初期では、膝蓋骨の下の違和感程度で、運動をすることもできます。

しかし、徐々に運動後に痛みを感じる程度が強くなり、次第にちょっと歩いただけでもズキズキとした痛みが強くなり、安静時でも痛みを伴うことがあります。
さらに進行すると膝蓋腱は、膝蓋骨の下側に付着しているため、膝蓋骨の下側がはがれる「剥離骨折」が生じる事もあります。

■膝蓋腱とは

太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」の末端部分にある腱で、膝下の骨(脛骨)の上まで伸びています。
膝の筋肉、靭帯とともに、膝の動きをスムーズにしたり、関節を固定安定するなど重要な働きを持ちます。

ただし、膝に大きな負担をかけると膝蓋腱が損傷し、炎症を起こすなどすると膝蓋腱炎になります。
靭帯炎やジャンパー膝などと呼ぶ事もあります。

一般的に損傷は軽度で、小さな断裂が見られる程度で治まります。
しかし重症化すると腱が完全に断裂する「膝蓋腱断裂」となる事もあるので、安易に判断してはいけません。

【膝蓋腱炎の原因は?】

膝に繰り返し負担をかけるのが大きな要因です。
例えば、ジャンプをする場合、膝を曲げて動作の準備をします。

その時、太ももの表面の筋肉がギュッと収縮し、膝蓋腱が引っ張られます。
ジャンプ時は、膝関節が一気に伸び、膝蓋腱が元の長さに戻ります。

さらに着地時は、膝を再び曲げて衝撃を吸収するため、膝蓋腱が引っ張られます。
この事からも分かるとおり、ジャンプをする、という動作だけでも、膝蓋腱は、収縮、伸縮を何度も繰り返します。

この状況を繰り返し、毎日何度も行なうことで、膝蓋腱には負担がかかり、小さな断裂が生じ、炎症を起こします。
体重が大きいほど、膝蓋腱にかかる負担も大きく、回数を重ねるほど負担が大きくなります。

その他、身体の重心が歪んでいたりすることで、さらに負担が大きくなります。
運動以外で考えられる原因は、糖尿病や関節リウマチ、その他交通事故等の強い衝撃による損傷などがあります。

【予防法は?】

膝蓋腱炎は、膝にかかる繰り返しの負担です。
そのため、運動等で日々膝に負荷をかけるという場合は、運動前後のメンテナンスは不可欠。

丁寧にマッサージやストレッチ、などを取り入れることが予防の第一歩です。
さらに、運動量を見直しオーバーユースを避ける、フォームを見直し、膝にかかる負担を軽減する、接骨院等で定期的にメンテナンスを受けるなどの対策も不可欠です。

発症しやすいスポーツとしては、サッカーやバレー、バスケットなどジャンプと着地を繰り返し行なう運動で頻繁に発生します。

藤枝市 膝蓋腱炎なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 足低筋膜炎

 [記事URL]

健康のためにと、ランニングやウォーキングを熱心にしているのに、突然、足の裏に痛みを感じて、まともに運動できない、という悩みを抱えていませんか?
もしかするとその症状は「足低筋膜炎 」かもしれません。

【足低筋膜炎とは?】

以下の症状にあてまはるほど、足低筋膜炎である可能性が疑われます。

チェック1「動きはじめ一歩が痛い」

足低筋膜炎の方に多く見られる症状の一つに「動作のはじめが痛い」というものがあります。

・朝起きた時の一歩目に痛みを感じる
・立ちっぱなしの状態から次の一歩目が痛い
・デスクワークなど長時間座っていた状態から立ち上がる瞬間が痛い

等、動作をスタートする一歩目に足の裏にズキッと電気が走るような痛みが特徴的。

チェック2・「次第に足の裏やかかとに痛みを感じる」 

普通に歩いている時は、それほど気にならないのに、走ったり、長く歩いていると足の裏やかかとに痛みを感じる。
足の裏に衝撃がかかると痛い、という場合も足低筋膜炎の主な特徴です。

さらに、平らな靴を履くと痛みが発生する場合や高いヒールなどで足に負担をかけると痛みが現れるケースなど個々によってさまざま。

チェック3「着地する瞬間、もしくは離れる瞬間が痛い」

普段はあまり痛みを感じないのに、階段の下りだけで痛い、または地面から足が離れる瞬間に痛い、という場合もあります。
この手の痛みは、足低筋膜炎の中でも足の指に深い関係があります。

この場合は、次のような方法でも足低筋膜炎の有無を確認できます。
足をつま先までピンと伸ばし、上下に動かしてみてください。

つま先を前に倒したり、逆に反ったりした動作で足裏に痛みを感じる場合も足低筋膜炎を疑いましょう。

【足低筋膜炎の治療法】

足低筋膜炎は、治ります。
しかし、できるだけ早めに治療することが重要です。

そのためには、足低筋膜炎の原因を知る事が大事です。
足の使いすぎ(ウォーキングやジョギングなど)、体重の増加で足裏に負担がかかりすぎる、偏平足で足裏に過度に負担をかけている、など。

しかし、それだけではありません。
足低筋膜炎の多くの原因は、足底腱膜が凝り固まることで柔軟性が失われ、上手に伸縮しないことが要因です。

その上で、過度の負担をかけてしまうとより足低筋膜炎へのリスクが高まります。
そのため、接骨院では、足底腱膜のコリをほぐすマッサージを行い、柔軟性の高い筋肉を取り戻します。

さらに、身体の歪みを矯正し、足裏に適切な負荷がかかるよう調整。
その間、過度の運動をしばらく控え、安静にする事も早期改善への近道です。

長く運動を楽しむためにも、足低筋膜炎についてよく理解し、原因を払拭。
足底腱膜の筋肉を柔らかくし、衝撃を緩やかに吸収できる状態を整える事が大事です。

万が一、足低筋膜炎と思われる痛みを感じた場合は、アイシングは禁物。
なぜなら、足低筋膜炎は、筋肉が硬くなることで生じる痛みです。

そのため、アイシングすることで、より筋肉が固まってしまい、痛みが増幅します。
この場合、アイシングではなく、筋肉をほぐすことが重要なので、マッサージや温めるようにしましょう。

自己判断で逆効果になる事が心配な方は、お近くの接骨院ですぐに相談しましょう。

藤枝市 足低筋膜炎なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 脊椎分離症の症状 藤枝市

 [記事URL]

脊椎分離症(せきりぶんりしょう)とは、腰を構成する骨などが分離している状態を言います。

【脊椎分離症について】

脊椎分離症とは、腰椎の椎弓の上限関節突起部分が断裂した状態。
腰椎とは、背骨の腰の部分で、5個の椎骨から構成されています。

ちなみに、脊柱は、成人の場合、24個の骨と仙骨、尾骨から構成され、骨は椎間板で繋がっています。
頚椎が7個、胸椎が12個、そして腰椎が5個となります。

さらに椎骨は、椎体と椎弓で構成され、椎体が身体の前、椎弓が身体の後ろに位置します。
脊椎分離症では、椎弓(椎骨の後ろ)の上下関節の突起したところが分離、主に第四腰椎と第五腰椎で起こる傾向にあります。

分離すると、連結が不安定になり、その周辺の靭帯や筋肉に負担がかかることであらゆる症状が出現します。

【どんな症状があるの?】

主な症状は、腰に重い痛み、鈍い痛み、前かがみでズキンと痛みを感じる、しゃがんだ時に痛みを感じるなどがあります。
思春期の子供の場合、過度の運動により繰り返し腰に負担をかけると疲労骨折し、それが症状として現われます。

ただし、骨折が治っても、痛みや鈍い痛み、ズキンとした痛みなどが全然取れない事もありますので、その場合は接骨院等で詳しく調べてもらうようにしましょう。
症状を無視したり、放置すると、すべり症になります。

すべり症とは、腰の骨が前にすべる状態で、その結果、神経症状がより増悪し、腰痛だけでなく、排尿障害等も起こります。
そうなる前に、早めに治療を受けるようにしましょう。

【接骨院では身体の歪みを矯正】

脊椎分離症になっても、症状が表に出ない方も少なくありません。
しかし、そのまま体に無理をすると、いずれすべり症となり、運動が思うようにできない可能性も高いため、少しでも違和感などを覚えた場合には、早めに治療を受ける事をおススメします。

また病院の治療とは異なり、接骨院等では、身体の歪みが腰に過度の負担をかけていると考えていることから、脊椎分離症に対する施術として身体の歪みを矯正する事も実施。

身体の歪みを取り除き、正しいバランスを整えることで、全体にかかる負担を均等にする事が可能。
その結果、過度の運動や繰り返しかかる腰への負担もしっかり分散され、脊椎分離症に対するリスク軽減が期待できるのです。

長く運動を続けたい、脊椎分離症を徹底的に予防したい、という方は、お近くの接骨院等で、身体の歪みを矯正する施術を受けてみるのも一つの方法です。

【自分でできる対処法は?】

脊椎分離症を予防するには、腰に過度の負担をかけすぎない、というのが第一です。
また運動前後のストレッチ、ウォーミングアップ、メンテナンスをしっかりと行うことも重要。

その他、成長期のお子様の場合、身体の隅々にしっかりと栄養が届くよう、バランス良い食生活を心がける、睡眠をたっぷり確保し、成長ホルモンの分泌を促す事も大事です。

深夜遅くまでの生活や加工食品、外食等不規則な生活習慣では、血行不良や内臓の働きを悪くし、それが結果的に脊椎分離症のリスクを高める事にもなります。
接骨院では、脊椎分離症に対する予防や症状の緩和、再発防止やセルフケアの方法等、トータルでアドバイスしていますので、お気軽にご相談ください。

藤枝市 脊椎分離症の症状なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤枝市 接骨院で自賠責治療

 [記事URL]

知っていますか?
接骨院は自賠責治療が適応されます。

【接骨院って?】

接骨院には、柔道整復師という国家資格を持つ先生が在籍しています。
厚生労大臣認可の専門学校や大学で接骨の専門的な知識を身につけ、さらに卒業後、柔道整復研修試験財団実施の国家資格に合格してはれて、その資格が得られます。

すなわち、簡単にはなれない、とても難しく専門的な仕事なのです。
現在では、接骨院という数も増えていますが、まだまだ柔道整復師になるには、難関。

柔道整復師が対応する接骨院では、主に、骨折や脱臼、捻挫や打撲、挫傷等の治療が受けられます。
その道に精通しているため、病院とは異なるアプローチで高い実績を残している事も事実。

レントゲンや投薬、注射といった治療法はありませんが、すべて手技をメインとして、個々の症状に対応するため、薬の副作用などの心配はありません。
また、病院と違い、患者さんとの距離が近い事も魅力の一つ。

さらに、嬉しい事に、接骨院は、自賠責治療が適応されます。
病院の検査で異常が見つけにくいむち打ち治療に対する実績が特に高く、自賠責治療適応のため、治療に専念できます。

ところで、自賠責治療って?
という方のために、接骨院適応の自賠責治療について説明します。

【自賠責治療ってなんだ?】

自賠責治療とは、自賠責保険を使って、怪我などを治療することをいいます。
自賠責保険とは、公道を走る車、バイクに加入が義務付けられているいわゆる「強制保険」で、万が一交通事故で怪我をした場合、自賠責保険を使って、怪我の治療ができる、事を目的としています。

ただし、自賠責保険は、対人賠償保険なので、怪我を負わせた相手、被害者のための保険という事を覚えておくようにしましょう。
つまり、あなたが交通事故の被害者になった場合は、相手の自賠責保険を使って、治療に専念できます。

このときの相手の自賠責保険を使って治療をするので、「自賠責治療」といいます。
自賠責治療は、病院はもちろん、接骨院にも適応しており、保険会社の名前、連絡先、事故の相手の連絡先や名前があれば、手続きできます。

ただ、病院で自賠責治療を受けた場合、自分で保険会社に連絡する必要がありますが、接骨院の場合、スタッフが手続きを行なってくれますので、治療に専念できるのがメリット。

病院と並院もできますので、1日でも早くケガから復帰したい方は、接骨院の自賠責治療も検討するといいでしょう。

【接骨院で自賠責治療を受ける流れ】

1.警察に届ける

接骨院で自賠責治療を受けるなら、まずは、事故にあった事を警察に届けてください。
怪我がある場合は、人身事故扱いにしてもらい、相手方の連絡先、保険会社の名称を確認します。

2.病院で検査を受ける

事故後、体内部にどのような損傷やダメージが及んでいるか分からない状況なので、接骨院での自賠責治療の前に必ず病院で詳しく検査を受けてください。
目では確認できなくても、命の危機に瀕する重大な損傷が体内で発生している可能性も高いので、レントゲン、MRIなど必ず受ける事が重要です。

3.接骨院で治療を受ける

病院での検査に納得できない、接骨院でも治療を受けたい、という場合は、すぐ接骨院に来院しても問題ありません。
また保険会社に事前に連絡を入れた上で、接骨院の自賠責治療を受けても問題ありません。

どこで、治療を受けるかを決めるのは、患者さんの自由意志です。
ただし、手続きをスムーズに行なうためにも、事前連絡がおススメ。

接骨院で自賠責治療を受けたいけど、どうしたらいいか分からないという方は、藤接骨院にお任せください!!

藤枝市 接骨院で自賠責治療なら、藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」にお任せください。 054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


~睡眠の質を上げる~   藤枝市 接骨院

 [記事URL]

睡眠の質を上げるスリーステップ!!!

➀朝、目が覚めたらカーテンを開けて太陽光を浴びましょう。
目が太陽光を感じると、その刺激が脳に届き、セロトニンが分泌されます。
すると、身体の覚醒を司る交感神経系が刺激され、脳が目覚めるのを促します。
この交感神経系がしっかりと働かないと、日中の活動レベルが下がってしまい、だるい、集中できない、眠い、ぼーっとする、などの症状が現れてしまいます。

また、太陽光を浴びることで体内時計がリセットされます。
人間の体内時計は、どういうわけか24時間刻みではなく、人によって前後1時間ほどずれていて23時間~25時間程度のばらつきがあるとされており、これが生活リズムを崩す一因でもあります。
太陽光を浴びると、その後約14~16時間後くらいに睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が始まるように体内時計がリセットされます。
つまり、朝起きて太陽光を浴びることはメラトニン分泌を予約するようなものです。

メラトニンは、強い催眠効果を持つホルモンで、程よく分泌されることで、睡眠の質を高めてくれます。
ちょうど夜就寝する時に、メラトニンが分泌されるようにするために、朝の太陽光が重要なのです。
太陽光は非常に強い光で、例え曇りや雨の日でも、セロトニンの分泌と体内時計のリセット(メラトニンの分泌予約)には充分な明るさを持っています。

太陽光を浴びれるような環境にいない場合や、仕事などの都合で生活で昼夜逆転している人は、目覚まし用のライトを使用することで、太陽光を浴びるのに近い効果を得ることが出来ます。

➁昼食後、軽く散歩してみましょう。
現代人はパソコンを使ったデスクワークが中心になっているため、どうしても運動不足になりがちです。
睡眠をとる目的の一つは、「体の疲れをとる事」ですが、運動を全くしないと体があまり疲れないため、睡眠をとる必要性が下がり、睡眠欲求が下がって睡眠の質を下げてしまうのです。

普段全く運動しない人であれば、昼食後に軽く散歩するだけでも、運動不足を解消する助けになるでしょう。

日頃睡眠時間が短く、睡眠不足を感じていて昼休みに昼寝をしたいと感じている人も多いかもしれません。
昼寝には優れた体力回復効果が見込めますが、一つ注意が必要です。
30分以上の昼寝をとると、夜の睡眠に影響が出て、睡眠の質をかえって悪くしてしまう恐れがあります。
昼寝は30分以内に留めましょう。
効率的で正しい昼寝の仕方は「昼寝のすすめ」をご覧ください。

➂寝る2時間就寝前に神経が興奮していると眠れません。
朝起きる時には、太陽光を浴びることで交感神経系を活性化させますが、夜はこの交感神経系を鎮める必要があります。
交感神経系を鎮めるには、対をなす副交感神経系を活性化させれば良いのです。

副交感神経系を活性化させるのは、「心身のリラックス」です。
ぬるめの風呂にはいる、アロマオイルを炊く、ヒーリングミュージックを聞く、部屋の明りのトーンを下げる、カフェインを控える、など心と体が心地よい、と思える事を積極的に行いましょう。
心身がリラックスすると、睡眠の質を高めるメラトニンの分泌が進み、自然と心地よい眠りに入ることができます。

ゲームをする、ホラー映画を見る、激しい音楽を聞く、運動する、熱い風呂に入る、酒や煙草、など交感神経系が興奮するような行為は睡眠の質を下げる要因になるためNGです。
また、スマホやPCの画面から発せられるブルーライトという強い光も脳を刺激して交感神経系を興奮させてしまうため、就寝2時間前からは控えましょう

それでも、眠れない方、翌朝に強く痛みが出る方、、、
その原因は現在使っている寝具です。

まずは当院に来ていただき、お身体を一度見させてください。
お身体に痛みのある方一緒に頑張っていきましょう!!

藤接骨院にお任せください!!  藤枝市 藤接骨院  054-625-8637

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 藤枝院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

PAGE TOP

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME