藤枝市 野球肘 テニス肘

藤枝市 野球肘 テニス肘

 

こんにちは!! 藤接骨院です!!

 

今日は野球肘・テニス肘についてお話いたします!

 

スポーツによって肘にいろいろな障害が起こります。いっぱんにそのスポーツの名前をとって野球肘、テニス肘、ゴルフ肘などと呼んだりします。実際は、同じスポーツでも使い方や、個人の癖、障害の程度によって痛み方や、痛む部位が違うことがあります。今回は、特に肘を痛めやすいスポーツとして、野球肘とテニス肘について述べてみます。 
1.野球肘(投球肘) 
 ボールを投げる動作は、単なる肘の曲げ伸ばしだけでなく、ひねりの動作も加わり、肘の関節に強いストレスが加わります。さらに成長期は関節軟骨や、筋肉、骨は未熟で弱くこの時期に投球動作を繰り返すと当然障害が発生しやすくなります。あまり症状がないまま障害が進み、痛みがでたときには手遅れになっていることもあるので、注意が必要です。

①年齢との関係 
 野球肘の発生する年齢は、肘に成長軟骨出現する小学校高学年が最も多く中学生・高校生の順です。

②症状 
 投球時、投球後の疼痛が主な症状です。投げ込んでいくうちに痛みが軽くなってしまうこともあり、投球数が増えてしまう原因となっていることもあります。 痛みの部位は、2/3は内側(図1)、1/3が外側、後ろが痛む事もあります。 
 

野球肘で痛む場所

 

外側部の痛みは、数日で軽快する事があり、そのため早期に発見できず治療開始時にかなり悪くなっていることがあります。

③原因
 ほとんどがオーバーユース(使いすぎ)です。成長期は骨軟骨や筋肉が繰り返しの刺激にたいへん弱くその上投球技術の未熟さも関係し、悪くなっていくと思われます。 図3は投球動作でどういう力が肘にかかるかを表しています。内側は引っ張りの力が起き、外側は軟骨どうしが圧迫される力が起き、さらに捻れ、剪断力(せんだんりょく)(ずれる力)も加わります。カーブを投げたときはさらにねじれの力が大きくなります。少年野球で、カーブを禁止させるのはこのためです。
 

くり返される肘のストレスによって軟骨が損傷されていく
 野球肘が疑われれば、すぐレントゲン写真を撮るべきです。早期であればあるほど復帰が早くなります。  
                  
もし、レントゲン写真上に異常が認られれば、修復されるまで、投球は禁止しなければなりません。 内側の痛みであれば、3週間ほど投球を禁止し、その後痛みがなければ、軽いキャッチボールから始めます。少しでも痛みがあれば、慎重に経過観察します。各上肢の筋肉トレーニング、投げ方の指導は、基礎から覚えさせます。痛みがでなければ順次投球を開始させます。 外側の障害時は、投球だけでなく肘を使うことをいっさい禁止し、レントゲンで経過を見ます。治るまで1年以上かかることもまれでなく、本人に十分な説明をし、病気を理解した上で治療しなければ将来に影響を残すこととなります。

投球数の目安
 投球障害を予防するために、成長期のスポーツ少年には次の対策が提唱されています。
○練習量 週3回(隔日)1時間半/1日
○投球数 50球以内/1日、最高で300球以内/週
○2人以上の投手・捕手の養成
○ボールを握らせないシーズンオフの設定フォームが悪いから、肘を痛めるのだといって、投げ込んで、フォームを強制するという練習は、とんでもない考えです。

⑥スポーツメディカル チェックの必要性
 少年のスポーツ障害を予防するための定期検診の実施が重要といわれています。早急に体制を整備するべきだと思います。 

2.テニス肘
 典型的なテニス肘は、バックハンドでの肘の外側(図2)の痛みです。しかし、ハードヒッターや、サーブ・スマッシュの多用で、内側(図3)を痛めることもあります。原因は、バックハンドで伸筋腱(手首を背側に曲げる-肘の外側)フォアストローク・サーブで屈筋腱(手首を腹側に曲げる-肘の内側)が、くり返されるストレスで、痛んでいきます。
 

腱が骨に付着している所で、損傷が起きる

テニス肘を防ぐために以下の点について述べます。

①フォームについて
 未熟者と上級者は、フォームに違いがあるという研究があり、たとえば次の点が指摘されています。
・インパクト時以外に前腕によけいな力がかかっている
・上級者は体をうまく回転して 打っているが、テニス肘のある人は、体が直線的に動いて いる
・上級者は、肘は伸展位なのに 対して、テニス肘になりやすい人は、肘が屈曲している などの報告があります。

②練習量
 練習量が多くなるほどテニス肘の頻度は増えています。1日2時間以上行うと危険度が増すということです。

③道具
 最近のラケットは、軽量で反発力もあり進歩していますが、テニス肘の時は、以下の点に気をつける。

・ラケットは軽い方がよい
・グリップは、うまく握れる 最大の太さがよい
・ガットの張力は、ゆるい方  が肘への負担は少ない

④筋力
 筋力がないとテニス肘が発生しやすくなります。テニスをプレーするだけでは、筋力アップは望めないので、別メニューで練習終了後、或いはオフの時に筋力アップを図ってください

 

⑤ストレッチ
 練習前後のストレッチを十分行わせます(図6)。練習前のウォームアップや、練習後の肘のクーリングもかかさずに行ってください。

⑥治療
 疼痛がでたら、局所を安静にします。症状によってバックハンドのみ禁止とするか、完全にテニスを禁止とします。レントゲンの検査などは受けておいた方がよいでしょう。
伸筋のストレッチ

肘は必ず伸ばした状態で行う。
痛みがでる直前で止めて、20-30秒ほど伸ばす。
反対に屈筋腱のストレッチ(手のひら側を引っ張る)も同様に行う。

痛みが軽減してきたら、関節のストレッチから、理学療法、筋肉トレーニングを行います。ラケットを肘が伸ばした状態で持っても痛みがなければ、素振りを開始させますが、正しいフォームであるか十分チェックしてから行わないと、肘痛の再発の原因となります。 
いつもご覧いただきありがとうございます。

ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME