藤枝市 臼蓋形成不全 股関節痛 足が上がらない 変形性股関節症

藤枝市 臼蓋形成不全 股関節痛 足が上がらない 変形性股関節症

こんにちは!藤接骨院です!

本日は「臼蓋形成不全」について話していきます。

 

股関節の痛みで整形外科を受診すると、「股関節のつくりが悪い」、「かぶりが浅い」などと言われることがあります。 これらの正式な病名は臼蓋形成不全(症)(寛骨臼形成不全(症))と言います。 臼蓋形成不全は、将来的に変形性股関節症に移行することが多く、我が国の中高年女性の変形性股関節症の約80%は臼蓋形成不全が原因と言われています。

 

臼蓋形成不全とは

立っているの状態で骨盤から大腿骨に荷重を伝えるためには、屋根にあたる「臼蓋」が「骨頭」の直上に広い面積で覆っている方が有利です。 しかし、「臼蓋」が大きすぎると股関節を動かす際にお椀の縁が邪魔をしてしまい、動きが制限されてしまいます。 4足から2足歩行への進化の過程で、ヒトの「臼蓋」は荷重を伝えやすく、かつ大腿骨の動きを妨げない、丁度良い大きさ、適度なかぶり具合になってきたのです。 実際には、骨頭の大きさの80~90%程度の蓋であることが良好なバランスとされています。

幼少期に何らかの股関節の病気や怪我があると股関節の発育は不良になりこのような病態を生じますが、遺伝性の場合や、原因の明らかでない場合もあります。

 

治療

臼蓋形成不全があっても若いうちは軟骨の厚みは保たれていて、症状はほとんど出現しません。 しかし、軟骨の変性は少しずつ始まっていることが多く、将来的に発生しうる変形性股関節症の初期と考えることができます。 従って、臼蓋形成不全の治療は、症状の軽微な初期段階では変形性股関節症への進行予防が目的となり、既に変形性股関節症に移行してしまった場合は、さらなる進行予防と変形性股関節症に対する治療(人工股関節置換術など)を行うことになります。

変形性股関節症への進行予防の第一は、股関節周囲筋の筋力トレーニングです。 臼蓋形成不全では股関節の安定性が低下するため、これを補えるのは筋力しかありません。

 

当院でできる治療は筋トレになります。

臼蓋形成不全は治ることはありません。ですが、筋力をつけることで痛みをとることができます。

筋力でも必要なのは股関節の筋肉で骨盤と大腿骨を繋ぐインナーマッスルになります。

ここの筋肉が弱いと体を支えることができなくなり、股関節を曲げたり、体をまっすぐにするのができなくなります。なので、股関節がしっかりと機能しない分筋力をつけてしっかりと骨を支えれるようにしなくてはいけません。

筋力をつけても臼蓋形成不全が治るわけではあありません。なので、筋力がまた落ちてしまえばまた痛みが出てきてしまうので常に筋トレは必要とされます。

 

ご意見ご感想等ございましたら、コメントにてお待ちしております。

藤接骨院 藤枝警察署前

054-625-8637

 


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME