藤枝市 腰痛 ヘルニア 足のしびれ 狭窄症

藤枝市 腰痛 ヘルニア 足のしびれ 狭窄症

こんにちは!藤接骨院です!

本日は腰痛について話していきます。

 

腰痛には種類あり「筋肉系」と「骨格系」です。

慢性腰痛の85%が筋筋膜性腰痛で、残りの15%は骨格の変形によるものになります。

 

筋肉系の腰痛

筋肉と筋膜の緊張と興奮、炎症などが主な原因。車の運転や事務仕事などの同じような姿勢を長時間続けていたり、運動不足で筋力が低下したりすると余計にひどくなりやすいです。病院でレントゲンやMRIなどをしても異常は見つからないことが多いです。

背骨は可動性を持つが椎骨や椎間板が自ら動くわけではなく、背骨の支持性と可動性は筋肉が作りだしています。腰痛の大半はこれらの筋肉と筋膜に痛みが走る筋筋膜性腰痛になります。筋肉は緊張すると興奮硬くなり、内部の血管が圧迫されて血流が悪くなります。そこで、プロスタグランジンやヒスタミンといった疼痛物質で筋肉周辺の感覚神経(自由神経終末)がキャッチするといたみとして現れます。筋肉の構成している筋繊維一本一本には運動神経がついており、運動神経は筋肉の動きをコントロールしている。だが、筋肉が痛みを感じると運動神経が刺激されて興奮し、神経の末端からアセチルコリンという神経伝達物質を出します。アセチルコリンは筋肉を収縮させる作用があるため、筋肉の内圧が高まり硬くなりより一層血行が悪くなり痛みが増します。

 

 

痛みを緩和する治療の一つにブロック注射があります。痛みを麻痺させる麻酔的な効果は3時間もすると消えますが、それ以降も腰痛は軽くなります。これは、痛みを抑えると筋肉と神経の高ぶりが一時的に治まるからです。痛みが軽減したらストレッチなどで硬くなった筋肉をほぐして血行を良くしましょう。これは対処療法なので、その場では症状が軽くなりますが、根本的に治っているわけではないのでまた痛みを繰り返してしまいます。根本的に腰痛を治すとなるとインナーマッスルを鍛えて強化するのが大事になります。

 

骨格系の腰痛

腰痛がすすむと筋肉や筋膜に痛みが出るだけではなくやがて骨格系に痛みを出す要因が出てきます。骨格に変形が出てくると自分だけの力ではどうすることもできなくなります。骨格の変形で多いものは「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」です。お尻や脚などに痺れを伴う神経痛があったり、脚に力が入らなかったりする場合も、骨格のどこかに変形が起こっている恐れがあります。MRI、CTによる診断が必要になります。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

ご意見ご感想等ございましたらコメントにてお待ちしております。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME