藤枝市 肩こり 産後 抱っこ 腱鞘炎 慢性

藤枝市 肩こり 産後 抱っこ 腱鞘炎 慢性

こんにちは!藤接骨院です!

本日は授乳時の肩こりや腰痛について話していきます。

 

 

新生児は首がすわっていないため、どうしても片手で首を固定して授乳をさせる必要があります。また、体が小さい新生児を、あぐらをかいた私の膝の上に寝かせただけでは、乳首までの距離が足りません。なので、自分の体を丸めるか、抱っこしている子供の位置を高くするしかありません。

産まれて間もなく平均3kg程の赤ちゃんでも授乳時間は大体片側5~10分。疲れも相まって、どんどん重たく感じてきます。

一回の時間は短くても毎日同じような姿勢を何回も繰り返していると体はどんどん辛く感じていきます。身体は20~30分同じ姿勢を続けているとそのまま筋肉が硬くなってしまいます。なので、授乳中の極端に丸くなってしまう姿勢は肩にも腰にも良くありません。

肩と腰が痛くなってきて身体を丸くするのが辛くなってくると子どもの抱っこの仕方を変えてどうにか肩と腰に負担が出ないようにします。そうすると、今度は腕に負担が出てきてしまうので検証の原因になります。

 

 

ただの肩コリだと思い放っておくとどんどん自分の体が悪くなっていきます。

頭痛、吐き気、めまい、睡眠不足、肌荒れ、呼吸が浅くなるなど色々なものがでてきます。

肩こりがひどくなると血流が悪くなる為睡眠の質が悪くなります。夜中の授乳などで睡眠時間が確保できないのに、そこから睡眠の質が悪くなると寝ても全く疲れが取れない、常にイライラする、免疫が下がり体調を崩しやすいなど様々なことが起こります。

この負のサイクルにはまってしまうとそこから抜け出すのは容易ではありません。

産後はしょうがない、今が一番つらい時なんて考えずにしっかりと自分の体をケアしてあげましょう。

 

一番は抱っこによる肩こりの予防です。

➀赤ちゃんのお尻を腕で支える

赤ちゃんを素手で抱っこするときは、赤ちゃんのおしりを手のひらで支えるのではなく、腕に乗せましょう。手のひらで支えると、赤ちゃんの体重が手首にずっしりとかかります。手首だけで抱えてしまうと手首を痛めやすく腱鞘炎になる可能性があるのでしっかりと腕で抱っこするようにしましょう。

➁おへそよりも高い位置で抱っこする

低い位置で赤ちゃんを抱っこするほど、赤ちゃんを重く感じやすいですし、抱っこする側の腰が反って腰痛を引き起こす原因になります。抱き上げる腕の位置は、抱っこする側のおへそより上にします。脇は占めるように抱っこしましょう。

 

これで完璧に肩こり出ないというわけではありません。あくまでも予防になります。

それでも肩こりがひどい、腕が痛い、腱鞘炎になりそうなどがありましたら全力で私たちがケアしていきます。

慢性的な肩こりでも治すことができるのでいつでもご相談下さい。

 

 

ご意見ご感想等ございましたら、コメントにてお待ちしております。

藤接骨院 藤枝警察署前

054-625-8637


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME