藤枝市 オスグッド オスグッドシュラッター病 膝痛 サッカー 野球

藤枝市 オスグッド オスグッドシュラッター病 膝痛 サッカー 野球

 

こんにちは!!藤接骨院です!!

 

今日はオスグッド・シュラッター病について話していきます。

皆さん、この病気をご存知でしょうか?

オスグッドとは発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

小学生の頃に膝前面に痛みが出て走ることや運動時に痛みを伴うことが特徴です。

 

起こる原因

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

 

発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

好発スポーツ

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、フルスクワットなどで好発します。“うさぎ跳び”がトレーニング界で禁止となった背景には、本症の発生率が高かったことがあると思われます。

 成長期の子供には体が大きくなるための成長軟骨と呼ばれる部分があります。成長軟骨は弱い骨で、骨なのに靭帯などより弱いのです。膝の場合、膝蓋靭帯という非常に強い靭帯が脛骨の成長軟骨付近にくっついていますが、運動をしたとき、ふとももの筋肉が動いてものすごく強い力で牽引されます。運動をやりすぎてしまうと、この引っ張られる力に骨のほうがついには耐えられなくなり痛みをおこしてきます。骨の端っこにある成長軟骨が障害されるため医学的には骨端症と呼ばれます。

 

治療は何をしたらいいの??

原因は基本的には運動のしすぎです。そのため、一定期間運動量を調節することが必要です。目安として、多少痛みがあってもバランスよく運動ができるようでしたら継続してかまいませんが、条件があります。痛い場所位には炎症が起きるので、運動後、必ずアイシングが必要です。湿布やコールドスプレーでなく氷などを使ってできるだけ運動直後に15-20分、しっかり冷やしてください。また体がかたいとこの病気をおこしやすくなります。ストレッチをしっかりやって柔軟性を増すことは非常に大切で、これは予防にもつながります。痛みのため運動中にバランスを崩すようなら、痛みが少し和らぐまで2-3週間運動量を減らしたり、非常に痛みが強い場合には完全に運動を中止しなくては仕方ありません。バランスの悪い状態で運動を続ければ、肩や腰など膝と関係のない場所を故障する原因にもなります。痛みが和らいだところで、アイシング、ストレッチをしっかりやって競技に復帰して下さい。成長期の子供は膝痛に限らず運動をやりすぎるとすぐに故障し、時に取り返しの使いないことになります。オスグッド病も代表的なやりすぎによる故障ですが、子供は頑張りすぎてしまうので周囲の大人がよく注意して下さいね。

いつもご覧いただありがとうございます。

ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。

 

 


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME