藤枝市 アキレス腱断裂

藤枝市 アキレス腱断裂

 

こんにちは!

藤接骨院です!

 

今日はアキレス腱断裂についてお話します!

レクリエーションスポーツが活発になり、それに伴ってママさんバレーボールやテニスを筆頭にアキレス腱断裂の発生も増加してきました。受傷時年齢も、かつての20代から、40-50代をピークとした中高年層へと幅広くなりました。前十字靱帯断裂と並んでスポーツ外傷のなかでは最も重症度が高く、競技復帰には約半年から1年を要します。

 

アキレス腱は、下腿三頭筋(ふくらはぎ)の筋肉が足首で束になり、アキレス腱という紐〈ひも〉になり踵骨〈しょうこつ〉(かかと)に付着しています。この足首に近い紐の部分が断裂した場合をアキレス腱断裂といいます。 運動機能は踵を上げる(カーフレイズ)、つまり、つま先立ちやダッシュ、ジャンプ時の蹴る(足関節底屈の力)動作を司〈つかさど〉っているため、スポーツにおいて最も重要な役割を果たしています。30歳くらいからアキレス腱の変性変化(老化)が進行して、徐々に腱の柔軟性が低下します。さらに体重増加などで腱への負担が増加したり、無理な体勢を強いられたり、筋力の低下などが受傷の要因になっています。 受傷原因はスポーツが約9割を占め、残りは60歳以上に多い転倒、転落など不慮の事故によります。スポーツ種目別では1位テニス(主にレシーブ時)、2位バドミントン(レシーブ)に続いて、3番目にバレーボールで全体の50%を占めます。最近はサッカー(フットサル)が増えてきました。 バレーボールではジャンプ動作による受傷はほとんどなく、主にレシーブで前のボールを取りに行くときの蹴り足側や、移動してのトス動作時に多く発生します。

 

治療は手術療法と保存療法(非手術)に大別されます。基本的には治療期間に大差はないです。 手術療法:断裂したアキレス腱を直視下で確認しつつ、縫合糸にて断裂部を縫合し、術後はギプスで固定を行います。ギプスの固定期間は手術法で4~6週(シーネ含む)、保存療法で6週を要します。ギプス固定後は約1ヶ月間装具を用いて歩行します。 保存療法:受傷時は断裂した腱の接近を目的として、足関節最大底屈位(50度以上)にして膝下からのギプス固定を行います。荷重はフロアタッチ程度で、ギプス固定下でも下肢の屈伸運動は許可します。2週間経過した受傷後3週目で足関節約30度底屈位の固定に変更し、荷重は軽度の部分荷重とします。  受傷後5週目から足関節軽度底屈位で、ヒール付きギプス固定として全荷重歩行を行います。受傷7週より約1ヵ月間は短下肢装具を使用し、足関節の自動運動訓練を開始します。受傷11週目より装具をはずします。
両治療法共に装具が取れたら両足つま先立ち練習や軽いジョギングを行います。ダッシュなど受傷原因となった動作は最も注意すべきであり、リハビリテーションの最終段階で行ないます。
再断裂はギプスや装具除去後に起きやすいので、この時期は転倒に要注意です。

 

アキレス腱を断裂してしまうと治癒するまで時間がかかってしまうのですぐに病院に行きましょう!

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております!


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ特典を使用したい」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。
※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

藤枝骨盤整体センター「藤接骨院」へのお電話はこちら

住所 〒426-0026 静岡県藤枝市岡出山3-6-17
電話番号 054-625-8637
営業時間 AM 9:00~PM 20:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 東海道線藤枝駅
駐車場 30台無料 (マクドナルドさんと兼用)

コメントを残す

*

PAGE TOP

藤枝市の交通事故むちうち施術
焼津市小川の藤接骨院
榛原郡吉田町の藤接骨院
静岡安西の静岡骨盤整体センター藤接骨院
磐田市見付の藤接骨院
静岡市の骨盤整体サロンB-STYLE+
会社概要COMPANY



藤接骨院 藤枝警察署前
藤枝骨盤整体センター 藤整体院

住所:〒426-0026
静岡県藤枝市岡出山3-6-17

054-625-8637




MENU

MAIL

TEL
HOME